医療業界で働く人の年収は他よりも高い

会社員の平均年収はおよそ400万円と言われているが、専門的なスキルや資格などを必要とする医療業界に携わる人の年収はどれくらいなのだろうか。

最も多いとされているのが医者で、年収はおよそ1000万円ぐらいと予想される。以前は研修医時代の給料はほとんどゼロに近いと言われていたが、最近は400万円ぐらいの年収を得られるようになったという。高給料である弁護士には及ばないがそれでも高い年収である。歯科医師はおよそ600万ぐらいと言われているが、病院などの勤務医と開業している歯科医師では大きな差があるだろう。薬剤師はおよそ500万円ぐらいだが、勤務先が病院なのかドラッグストアなのかで大きく違ってくるが、さまざまなエリアにおいて求人が多く女性が非常に多いという特徴がある。

看護師は全体の90%以上が女性を占めており、年収はおよそ450万円と一般の会社員よりも多いケースがある。人材不足という理由から求人が多く、女性の平均年収がおよそ300万円ぐらいなので高額な方になるだろう。最近は男性の看護師が増えてきており、転職しやすかったり復職しやすいのも特徴的である。看護系の仕事に就くには本人の努力はもちろん大学に通う費用などがかなりかかり、すぐに取得できるような資格ではない。他の職種よりは年収は高く設定されているが、医療業界の仕事は人の健康や生命を預かる重要なもので、身体的にも精神的にもハードな業務でプレッシャーを感じることが多いだろう。今後医療業界で働きたいのならば、年収と仕事内容についてよく考えてからどの道に進むが決めたほうが賢明である。医療系の年収について詳しく書かれた「医療系年収調査」というサイトがあったのでぜひ参考にしてみよう。